出版社・著者の方へ

【内分泌・代謝】のおすすめ教科書一覧&医学書の選び方まとめ

内分泌

医学生の内分泌の教科書の選び方

内分泌・代謝の範囲では、生理学で学んだホルモンの知識を元にその過剰・過小な分泌を扱う疾患が半数以上です。

そのため、生理学の知識が大変重要になります。ホルモンの基本的な働き・作用が理解できていれば過剰症・不足状態の症状の多くがある程度導けることから内分泌代謝の勉強では、生理学の勉強も重要になってきます。

代謝の範囲では小児科領域と重複するリピドーシスなどがあります。これらの疾患はどこまで勉強すればよいかの線引が難しく、詳しい教科書をもとに覚えようとすると大量の暗記事項が生まれてしまうため、大学の定期試験の過去問や国家試験対策用の予備校講座もしくはレビューブックなど国家試験既出問題の知識をもとに作成されたテキストを用いて線引を行うとよいかと思います。

 

糖尿病に関しては詳しいところまで国家試験でも聞かれるようになってきている。これもどこまで勉強するかの線引は予備校テキストや国家試験対策本をもとに対策を固めるのがおすすめです。

 

【導入レベル】

イメカラ

【医学生レベルわかりやすさ重視】

病気がみえる

図表系

ビジュアルブック

図表系

simple STEP 内分泌代謝

文章系

文章系の教科書では改訂が最も新しく、内容もわかりやすく書かれている教科書です。

文章系の教科書は最初の基本的な事項を学ぶのにオススメです。

病態生理できった

文章系

iMedicine

文章系

【医学生レベル内容しっかり】

 

【医師国家試験対策】

レビューブック メジャー

https://reviewcontest.jp/review-book-major

レビューブック マイナー

 

yearnote

https://reviewcontest.jp/yearnote

QB 医師国家試験

 

内科一般成書

内分泌内科の成書では有名どころが見つかりませんでした。

しっかりした本で勉強したい場合には内科学一般の成書を用いるのがおすすめです。

ハリソン内科学

【内科学成書】ハリソン内科学のレビュー・感想・評価の比較
特徴 ◇言わずと知れた、世界的な内科学書。原著の改訂は3~4年周期で日本語版として翻訳されるのに2年ほどかかる。 参考:原著の発行2015/4/17→日本語版の発行2017/3/24。ちなみに2018/8/17には原著の新刊が発行...

 内科学書

https://reviewcontest.jp/nakayama-naikagakusyo

朝倉内科学

https://reviewcontest.jp/asakura-naikagaku

 

▼下のコメント欄からレビューに協力お願いします。

コンテスト参加用の投稿はログインが必須ですが、普通のコメントはログインしなくても行えます。その際には名前(ニックネーム)とメールアドレス(スパム防止の機能なので適当なもので大丈夫です)気軽に投稿しちゃってください

レビューコンテスト参加される方はレビューコンテストについてを目を通した上で、コメント欄にtwitterアカウントでログインをお願いします。

兄弟サイトのデジタル×start→Digista.net(デジタル勉強紹介サイト)もよろしくおねがいします。

レビューコンテスト用:テンプレート

【特徴】商品の特徴

【長所】ここを具体的に多く書いてほしいです。

【短所】

【ライバルとの比較】例)〇〇と比べ☓☓☓の点で優れている。

【総合評価】 1~5の数字でお願いします。

コピペ用→【特徴】【長所】【短所】【ライバルとの比較】【総合評価】

 

レビューの投稿・コメント