出版社・著者の方へ

iPadメインの勉強で113回医師国家試験の勉強を行った記録、予備校講座や模試の感想も

digiの管理人室

こちらのサイトは更新が滞ったままですが、たまには医学生としての記録も残してみようと思い記録を作成しました。

できれば自分もきちんと国家試験に合格して、この記事が後輩の役に立つ情報となるといいなと。

10日ごとの勉強内容を記録していく予定なので、この記事に追記できるようにしっかり勉強を頑張りたいと思います。

記録を残すついでにこのサイト、管理人について宣伝させてください。

管理人digは「でじすたねっと」というiPadで勉強する方法を紹介するサイトをメインで運営しています。

デジタル端末も大好きなのですが、医学系の教科書もかなり好きです。

管理人
管理人
もともとは増えすぎた医学書をどうにかしようと電子化が始まったのも事実だったり。

医学系の教科書が好きなので、よくネットで教科書の情報を調べたりしていたのですが、新しい情報がきちんと反映されていていろんな教科書について記載があるサイトがあんまりないんですよね。

最近は国家試験の勉強は予備校のものが主流ですし、教科書を使用する文化も少なくなっていると思いますが、管理人digiは医学書が好きなので結構悲しいのです。

医学書が売れなくなると新しい医学書が作られなくなるし、医学生が医学書を買わなくなる風潮は寂しいなと。

そこで作ろうと思ったのがこのサイトです。

理想は「いろんな人の医学書レビューが集まるサイトにすること。」

現実的にはなかなかレビューを投稿してくれる人も少ない。

ということで、サイトを運営している広告費の中からいい感じのレビューを書いてくれた人にアマギフでお返しするという形でレビュー数を増やしたいな〜と。

まだこのサイト自体が完成できていないので、なかなか投稿はありませんがぼちぼち頑張っていきます。

医学書が好きな人で協力してくれるという人がいたら、Twitterとかで教えてくださいね!

管理人digiのTwitter→
@digista _net

すでに数人の協力者してくれるよって人がいます。
ガッツリじゃなくてちょっと興味があるというくらいでもいいので気軽に連絡してください。

管理人digiの勉強環境

勉強スタイルは人によりますよね。

参考にするにしても、勉強スタイルって結構重要です。

違うスタイルの人を真似てもあんまり意味がない。

管理人digiの勉強スタイルをざっくり紹介

  • 勉強は家より外派
  • 勉強はゆったり型(詰め込みは苦手)
  • 教科書読む派
  • iPad勉強環境完備

という感じです。

管理人digiの医師国家試験予備校

国家試験予備校のチョイスは結構大きな別れ目です。

どれがいい悪いはさておき、筆者の受講している予備校は

メイン →medu4 基本全部受講

サブ →TECOM MEC

という感じです。

「いろいろとりすぎやろっ!!」というツッコミがありそうですが、そこはいったん置いといてください。また今度記事にします。

直前期までに終了した勉強内容

medu4

予備校はmedu4をメインに使用しています。

4年生の後期から開始して、6年生のはじめ頃ですべての科目が完了しました。

穂澄先生が「動画は1度見るだけがいい」と言っていた気がするので、2回は見ていません。

QB 科目別

QBは5年生のはじめに開始し、臨床実習の間を使って進めました。

オンラインと本を並行してやっていたので正確にはわかりませんが、おそらく2〜3週は終わっているはず。

もちろん1週目問題だけです。

友人の中にはすべての問題を解いているツワモノもいて凄いなーと思ってます。

回数別

112回、111回の回数別を6年生の5月から6月にかけてときました。

112回は合格点ギリギリ

111回はぜんぜんという感じでした。

公衆衛生は予想通りですが、臓器別も案外解けないものですね。

卒業試験の勉強

秋に卒業試験があったので、夏くらいから卒日業試験の勉強を行っていました。

卒業試験の内容は国家試験ベースではなく、プリントベース。あくまで大学側は国試ベース言いはるものの、yearnoteに書いてない。

この期間は国試の勉強としてはあまり進みませんでした。

医師国家試験まで残り100日

  • 卒業試験終了

国家試験まで残り100日。

ちょうど管理人digiの通う大学では卒業試験が終わった頃です。

管理人digiの大学の卒業試験は一部の科目で国家試験ベース、まあまあの科目の試験はプリントベースという感じです。

自己採点は合格してそうだったので、ここから本格的に国家試験の勉強に集中できるはず。。。。

が、

イマイチやる気がでない。

ということで、ゆっくり勉強しています。

おそらく1日の勉強時間は3時間位。卒業試験前は結構勉強してたので少し休憩です。

モチベーションをあげようと、医師国家試験の取扱説明書を買いました。

これで過去問演習へのモチベーションは結構上がりました。

レビューも書いたので良かったら読んでください。

【医師国家試験の取扱説明書】レビュー:テクニック本というより王道勉強本でした。

【医師国家試験の取扱説明書】レビュー:テクニック本というより王道勉強本でした。
正直言って、「医師国家試験の取扱説明書」という本が出たと聞いたときは、 管理人 センター試験のときによく見たテクニック本の国試版ね..... というちょっと冷めた印象でした。 ▼こういうやつで...

著者の民谷先生もTwitterで紹介頂き嬉しい限り。

わざわざ先生からフィードバックのDMまで頂きました。筆まめな先生です。

医師国家試験まで残り90日

  • medu4公衆衛生完了(9月ごろからたまに進めていた)

さて、TECOMの第3回模試を受験しました。

感想は結構難しい。

問題が難しいのもありますが、自分の中の知識が全然定着していません。

「これ知ってる」けど思い出せないという知識が多かった。

自己採点は面倒なのでしませんでしたが、見直した感想では全然できていませんでした。

(採点結果が返ってくればこの記事の中で紹介するかも。)

でも難しかったので、いい意味で刺激になりちょっとやる気が出てきました。

卒業試験の結果が出て無事合格していたので、授業プリントを選別→いらなさそうなものを捨てるという作業を行いました。

このときのツイートが自分史上最高にリツイートされてなんだか複雑な気分でした。

いつもiPadで勉強するための記事や、説明ツイートはぜんぜんリツイートされないのに。。。

嬉しかったのには間違いないのでこの記事を読んでる人もよかったらリツイートしてくださいね!!

医師国家試験まで残り80日

  • 112回回数別終了
  • 公衆衛生QB1週目問題の1巡目終了

回数別の本格勉強を開始しました。

112回の回数別の勉強からです。

過去3年分の回数別を1回と解いてみる作業は6月に1回やったのですが、今回は選択肢までしっかり勉強する過去問研究です。

もちろんiPadでやってます。

回数別のQBをPDF化してiPadで書き込みつつ勉強しています。

「でじすたねっと」にて紹介してますので、興味のある方はどうぞ。

PDF化の方法

112回は厳密な知識というよりは考えて判断するという問題が多く、知識問題が苦手な管理人digiとしては得意な感じの問題でした。

6月の時点で解いたときにも、公衆衛生が全くわからないのに合格点だったので意外といけるかなという感触の回数です。

選択肢までしっかり勉強してみるとかなり時間がかかるのは自分だけなのかあまり進みません。

勉強会で次はここまでという指定があるので、時間と質のバランスがいい感じに取れている感じです。

ビデオ講座の進展

Twitterで面白いと聞いていたサマライズですが、現在の進展は1コマ笑

このツイートで思ったよりもコマ数があることを知りました。

テキストのPDF化は完了しているのですが、ビデオを見るところまでたどり着けません。

現時点での方針はmedu4を優先して行うので最悪の場合、サマライズは切るかもしれません。

まだmedu4の必修や輸液などの特講が残っているので、かなりピンチな予感がしてきました。

年内にはビデオ講座系は終了させる予定なので、ピッチを上げてがんばります。

メンタル面

残り約2ヶ月くらいなんですが、焦り的には4/10という感じです。

勉強するモチベーションとして、模試やビデオ講座は重要だと気づきました。

ビデオ講座なしで国試の勉強をやりきった仲の良い先輩もいますが、モチベーションの面でどうやって維持できたのか不思議です。

その人は勉強会を毎日のように行っていたらしいので、そこでモチベーション維持を行っていたのかもしれません。

医師国家試験まで残70日

  • medu4輸液特講 2コマ 終了 (11/28時点)
  • medu4 必修 6コマ 終了 (12/1時点)
  • medu4 酸塩基 2コマ終了 (12/5時点)

さて勉強に飽きてきました。

「12月に旅行に行きまくった」という話を国浪生のTwitterで見ましたが、その気持がわかってしまいます。

勉強時間の低下から思ったように勉強内容が消費できません。

他の試験でもいつも超直前期ちょっと前にはいつもこんな感じになる筆者なので、いつもどおりといえばそのとおりなのですが。頑張らないと。

ビデオ講座の復習やサマライズ、回数別などやるべきことが溜まってきました。

自分なりの優先順位を整理しようと思って今日記事を更新しています。

優先順位:ビデオ講座
  1. medu4特講
  2. サマライズ
  3. テコムの後期講座
優先順位:アウトプット系
  1. 国試回数別3年分(残りは110回)
  2. 回数別終わり次第medu4のonlineで回す
  3. medu4 臓器別完全暗記(特に小児、産婦人科優先)
  4. 模試の復習

こんな感じで進めていきます。

12月は時間がなくなるという記事を読んだ気がするのですが、その犯人はおそらくサマライズでしょう。

あと模試ですね。

友人はMEC模試も受験するので、12月は2個模試があるといっていました。

模試はかなり時間が取られるので、受験しすぎないようにするのがいいかもしれません。

medu4 酸塩基特講の感想

medu4酸塩基が終了したので感想を残します。

meud4の酸塩基特講は全2コマなので問題を解いたり板書の時間を含めても3時間ほどで終了しました。

正直、酸塩基平衡は理解しているつもりだったで、ざっと見るつもりでみたら意外にも分かっていなかったこともあったということを思いしらされました。

最初の30分ほどは3,4年生でもわかるように簡単な事項から始まり、最後は国家試験の過去問から酸塩基平衡について問われた問題がピックアップされて載せられています。

最後の過去問の一般問題のピックアップでは90回台の古い問題も含まれていて、とても勉強になりました。

酸塩基平衡に関して頭の中が整理されたので、予想以上に良い講座でした。

最後のチャプターには具体的疾患について考える必要があるので、臓器別がある程度しっかり勉強されていないと解けないかもしれません。

Mec後期講座 サマライズの感想

サマライズをちゃんと見始めたら、一コマ目に孝四郎先生がサマライズの目的を喋っていたのでここでメモします。

サマライズの目的は大きく2つ

  • 鑑別診断力の養成
  • 必修の得点力UP

とのことでした。

確かに授業の中では、

  • 赤マーカー(赤いきつね)
  • 緑マーカー(緑のたぬき)

をベースに授業が行なわれていきます。

赤いきつねと緑のたぬきについては、少しでも面白くするためのキーボードという雰囲気でしょうか。

緑マーカー(緑のたぬき)は疾患の基本的な知識部分に引かれます。ここはそこまで時間をかけずさっと流す感じです。

復習ゾーンですね。

赤マーカー(赤いきつね)はこの講座の目的である先程紹介した2つにつけられます。鑑別診断と必修での解き方です。

必修の観点では、2つまで絞ったあとの最後の2択に重点が置かれて解説されています。

授業は予習が必要とされています。

ざっくりと疾患についての総論を説明したあと、臨床問題をベースにしながら鑑別診断の説明などがあります。

臨床問題は国試の改変問題が多いです。この段階だと、国試の過去問そのものだと見たことある感が否めないので、改変問題の方が解いていて楽しいです。

孝四郎先生も「模試のつもりで解いてください」とのこと。

講義の情報源はハリソン内科学、医学書院の標準シリーズと提携していると講義で言っています。

サマライズを受けると、ハリソンと標準のエッセンスを伝えてくれるとのことでした。

 

サマライズメモ

サマライズの感想のまとめ記事も作成する予定なのでメモをここに作成します。

  • サマライズは並んでいる順番に受講することを推奨
  • サマライズの中で復習できるように作成されている
  • サマライズのテキストはyearnoteに収まるように作成→国試本番も持ち込んでほしい
  • 国試本番での持ち込みはスマホもしくはタブレットとの併用で問題演習

 

医師国家試験まで残り60日

  • サマライズ 呼吸器終了 (12/11)

 

サマライズが予想以上に重く進まないのですが、内容はとてもおもしろく印象に残る講義なのでしばらくはサマライズをメインで進めていこうとの方針を立てました。

のこり30日までには終了させたい。

medicmedia模試を受けるのはやめます

メディックメディアの模試が今年からスタートします。


6年生は無料で受けられるのですが、Twitter上での評判がすこぶる悪いのでやめておくことにします。

これほどの難易度の試験は今求めてません。

自分は基本的な暗記事項の仕上がりが間に合ってないので。

メディックメディア模試は初年度だから、来年へのアピールも兼ねて難しくするだろうという誰かのツイートを見て納得しました。

宣伝に付き合うのは疲れるしやめます。

 

残された模試はてこ4です。

残り60日の感覚 4日の価値が重い

模試を受けるのをやめようと考えた根拠の一つに時間的制約があります。

 

模試を受けると2日かかる上に、復習の時間を含めると4日位かかります。

4日くらい別にいいやと思っていたら残りの日数は60日。

1/12じゃん。

結構4日の占める割合が多いのでやめました。

 

基本スタンスは穂澄先生信者なので、基本的にmedu4のテキストを完璧にすれば大丈夫だという感じで行きます。

 

国家試験直前のメンタルに関する仮説

いままでに受けた試験の感覚から考えておそらく国家試験の直前のメンタルは

過去問・メインテキストの完成度に依存する

という仮説を立てました。

 

今までの試験もだいたいそんな感じでした。

結局合格率90%の試験である以上メンタル勝負な面もあると思います。

 

これからはこの仮設に基づいて

  • medu4テキスト
  • サマライズテキスト
  • 直近3年分の過去問

をベースに仕上げにかかります。

結局穂澄先生が講義中に言ってた方針に落ち着いた気がします。

 

medu4穂澄先生の動画をみた

medu4の穂澄先生が直前期の勉強についての動画を出してくれてましたので、見ました。

 

直前期にやることは

  • 回数別
  • 総ざらい
  • 模試

という3つに絞れとの内容です。

穂澄先生の勉強方針に基本的に沿って勉強しているつもりなのですが、最近はサマライズをみていたり浮気気味なのでこの動画をみて、medu4の臓器別の復習もちゃんとしないと!となりました。

穂澄先生は予想講座系に否定的で今までの勉強をしっかりやれ系なのですが、自分的にはサマライズはみたい。理由はおもしろいから。研修医になれば当たり前かもしれない知識もサマライズでは多少得られている感覚があります。

現時点では国試にどのくらい役立つかは知りませんが、エピソード記憶要素が多めのサマライズは超直前1ヶ月くらいの暗記量を減らしてくれる気がするのです。

サマライズ受けながら予習問題で知識の抜けも把握できているので、当初の計画どおりこのまま行こうかと。

ちなみにこの動画内でもメディックメディア模試は難しすぎたとのことです。受けなくて正解だったと思います。

ちなみに現時点の進行度

穂澄先生の動画の中で、今やろうと思っていることの半分から1/3しかできないという話があったのですが、現時点の進行度とやりたいことをメモしておきます。

終わっていること

  • medu4臓器別テキスト
  • サマライズ2科目くらい
  • medu4特講(輸液・必修)
  • 回数別112回、回数別111回(2周+medu4サイトでポチポチ演習)

 

やりたいこと(残り30日までに)

  • 回数別110回
  • サマライズの残り
  • medu4 特講残り

ここまで終わらせられれば後は復習しまくる状態に30日間持ち込めるはずです。

メンタル的にちょっとだけ不安感も

焦りが足りないなどとほざいていた自分もそろそろ国家試験に現実味が出てきました。

受験のときも残り50日くらいからしんどかった記憶もあります。

このブログを書いて頭の中の計画を立て直せるのもちょっとした息抜きになっています。

Twitterやブログなど何かしら記録に残していくとモチベーション維持になる人もいるかもしれないので試してみてください。

国家試験まで残り50日

12/18 サマライズ消化器終了

12/23 必修3年分とき直し終了

12/24 サマライズ内分泌 終了

個人的な用事や体調不良がたてこんでしまい、思ったように勉強の進まない10日間でした。

そろそろ問題演習量を増やす

国家試験まで残り50日を切ったということで、問題演習量を増やしていくことにしました。

目標は1日200問。

medu4でポチポチ解いていきます。

過去3年分をベースに回していこうかと考え中です。

 

200×50で1万問解けるはずなので、これだけやれば大丈夫なはず。

 

この計画を立ててからまだ達成できてないのですが、暇のできた今日からやっていきます。

ちょっと計画を具体化

朝 50問

昼100問

夜50問

これなら達成できそうです。

 

 

続く。。。。

レビューの投稿・コメント